新型RAV4とC-HRを比較してみた

比較
RAV4 C-HR
排気量 2.0 1.2
駆動方式 4WD
馬力 171/6600 116/5200
トルク 21.1/4800 18.9/1500
全長 4610 4360
全幅 1865 1795
全高 1690 1565
車重 1630 1470
燃費 15.2(WLTC) 15.4(JC08)
価格 ¥3,137,400 ¥2,799,600

新型RAV4とC-HRのスペックを比べてみた。

RAV4とC-HRはそれぞれ売れ筋グレードのAdventureとG-Tで比較

新世代のエンジンとミッションに加え、4WDシステムも強化されたので、約30万の差はそこまで大きくないかも。

2019年新型RAV4が発売された。日本では人気がなくしばらく発売がなかったが、北米ではすべてのSUVのなかで一番販売台数が多いほど人気のある車だ。力強いデザインは北米で統一されているトヨタSUVの顔。

プラットフォーム、エンジン、ミッションの全てにTNGAを採用。特に発信用のギアを組み込んだ新型CVTは走りと効率の両方で非常に評価が高い。

また3種類の4WDシステムを搭載しており、従来の搭載して都会派SUVから本格的なオフロードでも楽しめるようになっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました