新型フィットの詳細!!

ホンダ

現行フィットは1.3Lと1.5Lのガソリン車と1.5Lハイブリッド車のラインナップ。

センタータンクレイアウトによるクラスを超えた広い室内空間を実現してしているのが特徴

現行モデルも発売から6年が経過する2019年秋に4代目へフルモデルチェンジすることになる予定。

主力モデルであるフィットのモデルチェンジは相当気合いの入ったものになるとホンダ関係者は言う。

注目はパワーユニット。次期モデルでも現在搭載される1.3Lと1.5Lの自然吸気エンジンが継続される可能性もあるが、ハイブリッドは新型へと一新され、新たに1L・3気筒ダウンサイジングターボも搭載されるという。

その1Lターボは日本ではまだ搭載モデルはないが、欧州のシビックなどではすでに搭載されていて、パワー&トルクは129ps/20.5kgm(CVTは18.4kgm)というハイパフォーマンスぶり。

 一方、ハイブリッドはシステムが現在の1モーター式i-DCDから、新型インサイトから採用される1.5Lエンジンと組み合わせた2モーター式のi-MMDへと一新。この1.5L・2モーター式はモーターでの走行をメインとしたハイブリッドで、燃費性能は現行モデルのJC08モード燃費34.0km/Lから大きく向上。40km/Lの大台を目標値として現在も開発が進められている。

この2モーター式はノートepowerと同じようなシステムだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました