マツダは新型MAZDA3(アクセラ)のフルモデルチェンジを行い、2019年5月24日に発売。今回から新世代商品第一弾とし全世界共通で車名を「MAZDA3」とした。更に次世代の「i-ACTIVSENSE」を搭載。価格:218万〜322万

新型マツダ3(アクセラ)
エンジン SKYACTIVE-G(ガソリン) SKYACTIVE-G(ディーゼル) SKYACTIVE-X(ガソリン)
排気量 1.5 2.0 1.8 2.0
パワー 111/6000 156/6000 116/4000 未定
トルク 21.3/4000 19.2/4400 27.5/1600
全長 4460
全幅 1795
全高 1440
車重 1320 1360 1410 未定
燃費(WLTC) 17.8 15.6 19.8
価格 ¥2,181,000 ¥2,470,000 ¥2,719,200

 

新型MAZDA3は「SKYACTIV-G 1.5」「SKYACTIV-D 1.8」搭載モデルを2019年5月24日発売。「SKYACTIV-G 2.0」搭載モデルも7月下旬の発売予定。次世代エンジン「SKYACTIV-X」とマイルドハイブリッドを初搭載したモデルを2019年10月に発売予定。

マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と世界初となる「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」採用した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。全方位で洗練されたダイナミック性能を実現。新型MAZDA3(アクセラ)からの新たな技術投入する。

新日鐵住金株式会社JFEスチール株式会社と、それぞれ共同で1310MPa級高張力鋼板を用いた車体構造用冷間プレス部品の開発に世界で初めて成功した。 マツダでは、この1310MPa級高張力鋼板を取り入れた新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を新型 MAZDA3 (アクセラ) から順次採用する。

デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用しより顔つきがシャープなデザインになる。ヘッドライトの形状は現行に比べ切れ長なデザインを採用

インテリアはメーターパネルを液晶化し、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)TFT 8.8インチのインフォテインメントシステムが搭載「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となるUSB12V接続を装備。電動パーキングブレーキとホールド、オーディオは標準で8スピーカーを採用。

mazda3

mazda3

ハッチバック荷室容量:335L、セダン荷室容量:450L

カテゴリー: マツダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です